SCC-150S 端面切断研削装置  End-face cutting / grinding machine

◆特長 Features
円筒形状サファイアインゴットの両端面の結晶角度を測定・補正・加工する装置です。
装置は切断(ODブレード)ユニット、研削(カップ砥石)ユニット、X-rayユニットで構成することにより、装置の自動化を図ります。
またインゴットのA軸、C軸を自動的に検出する事により、アウトラインの作業時間が短縮できます。

  •   It is a machine that detects, compensates and processes the crystal angle of sapphire ingot’s end faces.
  •   It consists of a cutting unit (O. D. blade ), a ginding unit ( cup-type grinding unit ), and an X-Ray unit.  Consequently, it attempts to automatize the process.
  •   Furthermore, it can detect A-axes and C-axes of ingots automatically.  As a result of that, the processing time will be shortened.

Please contact us for the details of this machine.

<< Back