事業内容

生産性向上ロボット

イーアールエスのロボットシステム開発は、次の「3つのP」を大切にしています。

  • Process(プロセス:生産工程)
  • Plant(プラント:生産設備)
  • Production Management(プロダクションマネジメント:生産管理)

私たちはこれをROBO P3 SOLUTION(ロボP3ソリューション) としてパッケージ化。

多関節ロボットを活用したファクトリーオートメーション(FA:Factory Automation)を全て自社内で設計・開発・製造。生産工程における自動化、省人化を実現し、

  • 生産性の向上
  • 安全性の向上
  • 正確性の向上

など、お客様の生産工程の改良・改善に貢献します。

ファクトリーオートメーションの製造・設計

ファクトリーオートメーションの根幹になる機械構造は1点1点の完全オーダーメイドであり、知識・経験豊富なメカトロニクスを活かして、設計から製造まで一貫社内生産。

まずはお客様のご要望を伺い、現状の作業・生産現場・お悩みを理解することから設計がスタートします。

イーアールエスでは主に株式会社不二越(NACHI-FUJIKOSHI CORP)、ヤマハ発動機株式会社、川崎重工業株式会社の産業用多関節ロボットを用い、開発規模を問わず、お客様の生産現場での差別化やニーズの多様化に対応した製造及び生産ラインのファクトリーオートメーション化をご提案いたします。

開発・導入費用について

多関節ロボットを活用したファクトリーオートメーション導入に関しては

  • 業種
  • 工場規模
  • スペース条件
  • 投資できる予算
  • 過去に類似の開発経験有無

などによって、採用するロボットや部品、構築するラインや機構、開発コストなど、構想内容が大きく変化します。

なお、単純な構造のファクトリーオートメーションであれば、500万円(税別)から構築可能ですので、お気軽にご相談ください。

ERSのロボットシステム

ご案内 ロボット 製品

バリ取り作業の自動化・無人化を実現!

本装置はロボットを使ってアルミダイキャストのバリ取りを行う装置です。

ReadMore

ご案内 ロボット 製品

部材の切断、自動旋盤の供給・排出を自動化

本装置は鉄鋼パイプを指定の長さに切断しCNC自動旋盤に供給・排出する装置です。

ReadMore

ご案内 ロボット 製品

インサート成形の供給・排出を無人化

本装置はパンチ・成形プレスに各1台ロボットを設置し、インサート成形を自動化する装置です。順送プレスのパンチ型で打ち抜いた金属パーツを受け渡し部でまとめてインサート成形に運び、成形後の製品を取り出します。

ReadMore

ご案内 ロボット 製品

オートパーツへの樹脂ピン・クリップの圧入・挿入作業を自動化

本装置はワーク(オートパーツ)裏側にある複数箇所のヤグラ部分に樹脂ピン(クリップ)を正確かつ短時間で圧入・挿入する装置です。

ReadMore

開発事例について

イーアールエス は創業以来、様々なファクトリーオートメーションの開発を行ってきました。

生産現場の改善のヒントになればと想い、これまで開発した事例の一部をご紹介しています。

お問合せ・ご相談は下記のボタンをクリックしてください

今すぐ問い合わせる

ロボットを活用して業務の自動化・効率化・安全化を実現するために、今すぐお問い合わせください!

-事業内容